★ビジュアルマップ

交流会で名刺交換した方と、

商品やサービスの話だけで終わっていませんか?

vm_mini

人が本当に共感し、

熱狂的なファンになるのは、

モノやサービスでなく、

 

なぜ、どんな想いでその仕事をやっているのか

 

の部分です。

 

◆でも名刺だけではそこまで書ききれない

◆想いや今までの人生背景なんて語りだしたら時間が足りない

◆どの辺までお話したら、良いのか、

そもそも一方的に夢なんて語るのは唐突な気もするし…

 

 

そんな経営者や起業家の方は、

 

あなただけの仕事への想いや人生ストーリーを

絵やまんがなどのビジュアルで伝える

 

1枚のビジュアルマップを作ってみてはいかがでしょうか?

プリント

◆ビジュアルマップとは

あなたの想いや人柄、サービス、伝えたい事などの目に見えないものを、
絵や漫画を使って、分かりやすく見える化し、A4一枚にまとめたものです。

  • 綿密なヒアリングで、あなたの思考やイメージを引出し、
  • 絵や漫画にする過程で、それらをより具体的にし、
  • 1枚で伝わるツールになります。

特に、こんな方にお勧めです(それぞれのページで詳しく事例と共にご説明しています)

ao2aka2midori2kiiro2

 

 

 

 

◆起業家様の事例

 ビジュアルマップイメージ03

ビジュアルマップイメージ04

 

◆お客様の声

山本慶人さん02ありすさんのビジュアライズは凄い!
私のこれから歩む道を描いていてくれているので、凄〜く助かってます。
この一枚を見せれば、私の過去、現在、未来を一気にわかってもらえるという最強のツールです♪(時遊人生ナビゲーター 山本 慶人 さん)

 

 

 

両面版イメージ自分の経歴ややっていることをパッと伝えたり、目に見えない、または説明しづらいサービスを提供している方にとてもオススメ。
私は「何してる人ですか?」って聞かれて、いろいろ答えるのに臆してたので他のタイミングと縁もあってお願いしてみました。

(システムコーチ 玄道優子さん)

 

 

鈴木麻紗子さん01

真っ白な紙がどんどん埋まっていく様子に感激した!
どんなことをしてくれるのか、
全体像がわかったと言ってもらえました。

税金初心者、お金面が苦手な人に、難しい話をせずに理解してもらえるようになると思います(税理士 鈴木麻紗子さん)

 

 

 

村山しげひささん01s

 

自分のやりたいことや夢を、口で伝えるのは難しい・・・と思ってました。

ビデオ通話でのセッションだったのですが、どんどん自分のことをうまく聞き出してくれて楽しかったです。

自分の夢を語るのは照れますが、ビジュアルマップを使うことで、相手が質問してくれ様になったのがよかったです(ShigApps株式会社 代表 村山しげひささん)

 

 

社長物語様01

以前は、なぜ会社を辞めたか、これから何をしようと思っているのか、よく聞かれて、活動を広げるチャンスにもかかわらず、人にわかりやすく伝えにくかったです。

セッションでは思った以上にしっかり話を聞いてくれて嬉しかったです。

ビジュアルマップを使って、過去の経験とか、何をして欲しいかについて、伝えるのに長い時間かかっていたのが、短い時間で伝えられるようになりました。( (株)社長物語 代表 都築卓さん)

 

 

風と土の自然学校両面01

以前は、業務内容が、3分野にまたがっていることからやっていることがバラバラに見えてしまいがちでした。自分では、この3つの分野が根っこでつながっていることはわかっていても、うまく表現できずにいました。

セッションでじっくりとヒアリングしながら、人生全体について引き出していただき、とても整理されたように感じました。

ビジュアルマップの下描きを見て、ワクワク。それと同時に、下書きに刺激を受けて、こんな風にしたらもっとわかりやすくなる、というアイデアが湧いてきてよりよいものを一緒に作り上げていただくきっかけとなりました。

今回、完成したビジュアルマップはもちろんですが、その制作プロセスも僕にとって価値の高いものでした。(風と土の自然学校 代表 梅崎靖志さん)

 

その他のお客様の声はこちら

 

どうやってこんなビジュアルマップが出来上がるのか?

最初から上手く話がまとまっているんじゃないか?

 

そんな疑問をお持ちの方のために、
ビジュアルマップの作り方について、ご説明します。

2016年5月21日より、ビジュアルマップ制作の流れが新しくなりました!

プリント

(1)まずビジュアルマップがどんなものなのか、自分の場合はどう活用できるか知りたい方は、無料の個別相談会やワークショップなどにお越しください。

(2)ビジュアルマップを作ってみたい!という方は、ヒアリングセッションをご予約下さい。(対面、Skype可)

  • ヒアリングセッションでは、2時間ほどお話を伺い、マインドマップにまとめます。頭の中のモヤモヤ、ぼやっと感じていたことを全て顕在化します。内容がまとまりきっていない起業家様の場合は、企画・アドバイスなどで発想や可能性を更に広げる事も。※図1参照。
  • その後、用途や目的に合わせて、どんなビジュアルマップが良いかご提案させて頂きます。
  • 例えば、、、
  • 夢を描いていつでも確認できるようにしたい方はスマホの待ち受け画像にできるようなタイプなど。
  • 小さいサイズじゃないと使いにくい方には名刺サイズ、はがきサイズなどを。
  • とにかく一枚で自分の事を伝えたい方にはA4片面で一枚のものを。
  • 自分の人生も仕事の紹介ももれなく語りたい方はA4両面のビジュアルマップを。
  • 会社のビジョンをパネルにして会社に飾りたい方はパネル代を、など。
  • テイストも手描きの柔らかいタイプからかっちりしたタイプ、写真を入れる、などを組み合わせる事ができます。図123

 

(3)(2)の後に制作に進みたい方には、制作セッションをご予約頂きます。(対面、Skype可)

  • 「こんな感じですか?」「いや、こういうイメージ」と、鉛筆で構図や絵を描いて話しながら、イメージの具体化、共有化を行います。
  • 例えば、「女の人がいて」と言葉では簡単に話せても、絵に描く場合には、「何歳位?髪の毛は長い?服装は?場所は?天気は? …etc.」と、細部まで条件設定が必要です。絵で描く事で、ぼんやりした夢の映像を鮮明に描くよう脳のスイッチが入りイメージが明確になります。※図2参照。
  • 構成が出来たら、ある程度はその場でペン入れして形にします。※図3参照。

(4)持ち帰り制作に入ります。

  • まず白黒版を製作し、スキャンして、内容を確認して頂きます。
  • 不足点や確認事項はメールでやり取りしたり、必要に応じてSkypeで追加で打ち合わせする場合があります。
  • 白黒版でOK頂いた後、色をつけていきます。(白黒版で確認頂いた後は変更が有料となります)
  • 1週間~週刊ほどで完成したらデータ(jpg,PDF)でお送りします。
  • ご提案プランによっては、印刷物を発注し納品いたします。

 

 

【ビジュアライズ・セッションお客様の声】

声友人のマップを見て、「これ、すごくいい!私にも作成してほしい!」と思いすぐに紹介して頂きました。セッションは楽しくて、あっという間に時間が過ぎた感じです!目の前で出来上がったビジュアルマップの下描きを見て、素晴らしい!この方は天才だと思いました!これを使って、仕事のオファーが来たり、新しいことにトライしていると評価されたりと良いことづくめです!
(チャンス☆コーディネーター 秋田英澪子さま)

 

bana