ビジュアルマップ

目に見えない「コーチング」のサービスを、いかに相手に分かるように伝えるか?

コーチングの資格をとり、プロコーチを目指す方が増えています。

ですが、コーチングは商品とは違い目に見えないサービス

〇〇コーチとオリジナルで名付けてみたものの、コーチングを知らない方には

◎コーチングって何?吉川修司さん01s

◎他のコーチとどう違うの?

◎受けると何が得られるの?

など、なかなか相手に分かるように説明できなくて、

資格はとったものの、有料継続クライアントをもつプロコーチとしては活躍できていない」と言う方が多いようです。

 

営業に特化したコーチの方はそれでもトークでアピールできるのですが、

聴き上手だけど宣伝やPRは苦手、、、と言う方は、

説明したのに全く伝わらない・・・と言う事も多いとか。

今井亮さん01s

そんな訳で、たくさんのコーチにご活用頂いているのが、

絵とストーリーで一枚で伝える、ビジュアルマップです。

 

あなたのサービスの特徴を絵や図解で表し、

お客様がサービスを受ける前と受けた後の違いを漫画で表し、

あなたらしさを印象付ける似顔絵とキャッチコピーで、

A4一枚に、伝えたい事をギュギュっと凝縮。

 

●どうやってこんなビジュアルマップが出来上がるのかと言うと、

↓こんな3ステップを4~5時間かけて行うセッションで、その場で描きあげてしまうからです。

 

★1

まず、好奇心旺盛で人の才能に興味津々な私が、2時間ほどあなたの事をくまなく聴きだし、引出し、マインドマップにまとめます。

ここで、なんでこの仕事をやっているのか、今までの人生とのつながりや、見えてなかった自分の価値が見えてきたりします。

 

★2

1で広がった話題を、どのように一枚でまとめるか、見た人にどんな風に思って行動して欲しいかなどを踏まえながら、構成を描いていきます。

鉛筆でざざっと「ここでこんな事を伝えて、ここでこんな漫画を・・・これ以外に入れたい要素はありますか?」と言う感じで1時間ほどやり取りしながら大枠を決めていきます。

 

★3

2で出来た構成を、精密に描きこんでいきます。

例えば漫画の中の登場人物を描きながら「どんな人?女性ですか?年齢は?どんなシチュエーションで何て言ってる風にします?」と、ただの絵にストーリーを埋め込んでいきます。

その過程で、よりサービスの価値も明確になります。

私が描いているのを前で見ながら、色々妄想してワクワクしたり、新しい企画を思いついたり、考えがひろがるなど、楽しんで頂いています。

 

完成すると、「私の全てが一枚に詰まってるー!!」と感激して頂き、データでお送りしてすぐにプリントして活用して頂けます。

 

見た相手は、一瞬で「これ何?!」と興味を持ち、

「詳しく話を聴きたい」モードになって頂けます。

 

そして相手と頭の中でイメージを共有しながら、

足りない部分を補足説明するだけで、PR出来るのです。

 

ビジュアルマップを活用して、

使用した翌日に〇〇万円の受注が取れた方、

起業1年目で全国各地から講演依頼が途切れない方、

プロコーチとして独立された方、台本尊之さん01s

成約率が2倍以上に上がった方、

出版された方、

 

など、たくさんのコーチの方の夢実現のお手伝いをさせて頂いています。

自分のサービスをより明確にして、たくさんの方に広めたいコーチの方は、ぜひご活用ください。

 

2015-03-11 | Posted in ビジュアルマップNo Comments »